LOHAS WORLD

お知らせ・最新情報

KEIKO TEA - ヨーロッパで見つけたオーガニック緑茶 -


 第三回目の企業取材は、ドイツで行われた世界最大のオーガニック見本市「BioFach2005」から、鹿児島茶を扱うドイツの会社「KEIKO  SHIMODOZONO INTERNATIONAL GMBH」 をご紹介します。

ヨーロッパでは、緑茶に含まれている成分が健康によいこと、とりわけ日本の緑茶はその味わい深い香りから、人気が高いとのこと。そのためBioFachにも、いくつかの日本茶を扱っている会社が出展していました。その中でひときわ目を引いたのが「KEIKO」teaでした。

 

大きく書かれた「KEIKO」の看板もさることながら、陳列された多くの急須もとても色あざやかで、行き交う人たちも思わず立ち止まりたくなるブースです。それがドイツ国内の出展社が集まるホールにあるからまた興味深い。私たちは迷わずこのドイツで出会った日本人女性の名前を持つ日本茶ブースにインタビューをお願いすることにしました。応じて下さったのは、「KEIKO」Teaのオーナー「マルクス・ハステンプフルク」さん。日本茶との出会いや「KEIKO」teaのことなどを伺ってきました。

 

<日本茶との出会い>

マルクスさんと日本茶との出会いは学生時代に遡る。

16歳ごろにGreenTeaについての本を読み、紅茶との違いや自然・歴史について学んだのをきっかけに、若いころから日本茶をよく飲んでいたとのこと。さらに当時は、ハーブティーをはじめいろいろなお茶が飲める喫茶店(TEA BAR)に行くのも流行っていたらしく、例えば夜勉強で起きているとき、親の世代はコーヒーを飲んでいたが、若い人たちはTEA BARによく行っていたそうだ。

*ドイツ語ではTea Barではなく、Tee Laden(テー ラーデン)というそうです

その後マルクスさんは、学校で農業学の修士号を取得、Natural Foodを取り扱っているAllos(アロス)に入社した。そして、1991年ケルンで行われた世界食品メッセに出張で訪れ、そこで日本から出展していた下堂園(しもどぞの)氏の鹿児島茶に出会うのである。そのときのことを、マルクスさんはこう振り返る。

「日本茶の色がとても綺麗なことに驚いたんです。当時、ドイツで飲んでいた黄色っぽかったのに、下堂園氏のお茶は綺麗な緑色だった。それで、どうしてそんなに色が綺麗なのかを聞いてみたんです 」

聞けばとにかく「新鮮」であるとのこと。それまでのドイツの緑茶はクオリティも低かった上に、Freshではなかったのである。また、ヨーロッパの中でもドイツは硬水。水道から出る硬水を使ってお茶を入れたのでは、緑茶本来の風合いが十分に楽しめない。そこで、軟水のミネラルウォーターを用いて丁寧にお茶を入れていたのである。興味を抱いたマルクスさんは、見本市の約10日後に下堂園氏から送ってもらったサンプルを手に、早速Allosのマネージャーに Allosで取り扱えないかと提案した。そして翌年からAllosで鹿児島茶の輸入販売が始まったのである。

* BioFach2005 のAllosのブース。
Allosはオーガニック製品だけを扱う、ドイツのパイオニア的な会社です

<KEIKO誕生>

ドイツでの有機農産物の認定も得て、1992年にBio Fachに初めて出展。そして、マルクスさんがそうだったように、多くのドイツの人たちが初めてみる綺麗な緑色をした日本茶に驚いた。その後、緑茶の人気はどんどん高まり、ドイツにおける緑茶の輸入量は日本と中国を含め、1992年には105t だったのが、翌年1993年には約2倍の204tになり、1996年には1000t を超え、2000年には約6000t にまでになった。

1996年にマルクスさんが独立。下堂園氏と共同で下堂園インターナショナルを設立した。ブランド名も「KEIKO」に改めた。

「名前は下堂園氏の奥様の恵子さんから頂いたのですが、「KEIKO」という響きが「SEIKO」にも似ていてヨーロッパ人の耳にとても「日本的」であったことと、また「恵子」の「恵む」という意味にも魅かれたんです」

ドイツはとても健康意識が高く、最初は「KEIKO」teaも、「健康茶」としてHealthy志向の人たちに好んで飲まれていた。さらに、1999年にドイツの商品テスト機構が日本や中国から輸入されている緑茶の農薬(殺虫剤も含めた全ての農薬)をチェックした際に、大半の緑茶に農薬が確認された中「KEIKO」teaは検出されず、これにより「KEIKO」teaの評価はますます高まったのである。

日本で有機認定商品には「有機JASマーク」が張られるように、ドイツの有機食品には「BIOマーク」が貼られている。そのマークがドイツで施行されたときに、国の認定機関が初めてBIOマークを貼った緑茶は「KEIKO」teaだった。それほどドイツの「KEIKO」teaの評価・人気は高く、ドイツのハンブルクで行われた「Tea & CoffeeWorld Cup Exhibition」で、2003年にはGOLD MEDALを受賞したほどである。

「KEIKO」ブランドの商品は抹茶や煎茶などのお茶に加え、キャンディやお茶のお菓子などがあり、これらはオーガニックのお店やカタログなどで販売されている。 ブースに綺麗に陳列された急須も愛知県などから輸入して取り扱っているとのこと。

「 今、急須で飲むことを提案しているんです。欧米の大きなティーポットで日本茶を飲むと本来の美味しさが味わえないんですよね。 」

健康茶として高い評価を得ながらも、基本はやはり美味しさ。これも「KEIKO」teaの人気の理由なのだろう。


<取材後記>

現在「KEIKO」はドイツ国内だけでなく、フランス、イタリア、オーストリア、スウェーデン、イギリス、スペイン、そしてカナダでも買うことができるそうです。残念ながら日本では販売していないそうですが、遠い異国の地で日本のお茶がオーガニック茶として大きな地位を確立しているのはとても嬉しく、これからもKEIKOを応援していきたいです。



リンク
KEIKO SHIMODOZONO INTERNATIONAL GMBH
http://www.shimodozono.de/ (ドイツ語のみ)

株式会社下堂園
http://www.shimo.co.jp/

取材した人:金沢玲美、犬飼俊介
■取材された人:マルクス・ハステンプフルク氏
■通訳・協力:Keiko Asano-Leckebuschさん

BioFach2005 レポート

先月ドイツ・ニュルンベルクで開催された世界一大きなオーガニックの見本市、「BioFach2005」(ビオファと読みます)に行ってきました。今月はいつもの「眼で観るLOHAS」とはちょっと変えて、この見本市の報告を中心にドイツのオーガニック事情をお届けしたいと思います。

まず、「バイオ」ときいて「遺伝子組み換え食品」などの「バイオテクノロジー」を連想された方はいらっしゃいませんか?日本語だと「人工的 vs自然的」とあたかも相反するような気がするかもしれません。しかし、ここでいうBIOは「ビオ」と読み「生命」というもともとギリシャ語の言葉で、自然と調和した形、つまりオーガニックのことを指しているのです。


<BioFachについて>

では、まずは「BioFach」のご紹介。
BioFachは9個のホールに分かれていて、1つ1つが日本のビックサイトや幕張メッセの大きな会場くらいあります。
それぞれのホールは、
1~5...オーガニックフード(主にインターナショナル)
6  ...ナチュラルコスメティックス、ドラッグ、生地など
7、9...オーガニックフード(主にドイツ国内)
8  ...ワイン
という構成になっていました。

インターナショナルのホールは国ごとにエリアになっていて、例えばイタリアのブースではオリーブオイルや生ハムなどのブースが個々にある、という作りです。今年は特にスペインのエリアが大きくて圧巻でした。日本もヨーロッパ諸国に比べると小さい規模ではありましたがエリアがあり、お味噌、お茶、日本酒の企業の方が出展なさっていました。


*日本のブース

*チーズやウィンナーなど、試食もできる

個人的に興味深かったのが、オーガニック蜂蜜。恥ずかしながらその定義が私の中では曖昧で、それまでは「野生の蜂をつかっているのか?」と思っていました。ところが実際は蜂自体は養蜂所で飼われていて、では何がオーガニックなのかというと、蜂が採取する蜜や花粉を有機に保つのです。つまり、養蜂所から半径何キロの作物などが有機栽培されていなければならないとか、工業地帯やごみ処理場から十分な距離があるなど、様々な条件をクリアしないと認証が得られないそうです。聞けば納得の話ですが、意外に知られていないことなのではないでしょうか?

「オリーブオイルBAR」。BioFachで広いスペースをもつ注目のコーナーの一つでした。
オリーブオイルについての講演をきけるだけでなく、その場で各国のいろいろな種類のオリーブオイルをテイスティングできるのがとても嬉しい。*テイスティングのやり方は、「トピックス」参照!

日本でオーガニックというと有機食品ばかりが多く取り上げられるような気がしますが、驚いたのはスキンケア商品がとても充実していたこと。ハリウッドスターが愛用していることで有名な、Dr.Hauschka Kosmetik(ドイツ・Dr.ハウシュカ化粧品)や、LAVERE(ドイツ・ラヴェーラ)、WELEDA(スイス・ヴェレダ)など天然成分100%、合成保存料、人口着色料、合成香料がまったく含まれない化粧品が多くありました。動物実験をしていないというのもポイントです。もちろん日本にも無添加化粧品や自然派化粧品と呼ばれるものは多くありますが、ヨーロッパのほうがその地位はもっと確立されているような気がしました。直接肌につけるものだから、スキンケアにももっと注目していきたいですね。


<ドイツのエコマークのこと>

このBioFachに出展するには、当然オーガニック製品ではなくてはいけないわけですが、その基準を満たしたものに添付することが認められるのが「Bio マーク」です。BioFachでも多くの商品にBioマークが見られましたが、これは日本の「有機JAS認定マーク」のようなもので、農林水産省の「消費者の部屋」には以下のように説明されています。

「BIO マークは、ドイツの連邦消費者保護・食糧・農業省大臣によって、はじめて統一された国家認定の有機認証マーク「ビオ・ジーゲル(Bio-Siegel)」のことをいいます。この認証マークは、国外の製品も含め、EU基準を満たすすべての有機食品等に添付することが認められます。統一マークの導入により、消費者が商品選択をする際に、有機食品であること、有機食品として必要な安全基準が満たされていることがより明確に表示され、市場の健全な育成に役立つものと期待されています。」

ちなみに、このBioマーク2001年9月より施行され、このシールを一番最初に貼った緑茶商品が今回「企業取材」でも紹介している「KEIKO」teaだそうです!


<オーガニックマーケット>

環境や健康に関心が高いドイツでは、オーガニック商品を扱うスーパーマーケットが多くあるようです。幸運にもBioFachの主催者Nurnmerg Global Fairsのイベントマネージャーのフランクさんや、日本のオーガニックEXPOの主催者の方々とお知り合いになる機会があり、みなさんとご一緒に私たちもマーケットに行ってきました。今回訪れてきたのは「Basic」。チェーン展開されている大手のオーガニックスーパーマーケットです。入ってみて驚くのは、店内の明るさ・スタイリッシュさでした。聞けば、従来のオーガニックマーケットは、少し陰気な雰囲気で入り辛い場所であったのを、このお店のコンセプトは、Openな雰囲気で若い人たちも入りやすいお店にしたとのこと。本当に広々とした綺麗な店内はとても居心地がよく、おしゃれな場所としても楽しめました。

私もいくつかショッピングを楽しんだのですが、オーガニックマーケットに関わらずドイツや他のヨーロッパ諸国で常識になりつつあるのが、「買い物袋は持参する」ということ。日本のスーパーで2枚も3枚もくれるビニールの袋は、ここでは買わなくてはいけません。ビニール以外にも布のバッグも売っていて、大体の人が買い物の時にはその布のバックを持ってきているようです。日本でも実施されている区や市もあるようですが、こういったエコバックの使用がもっと日本にも広まるといいですね。




<後記>

BioFach はIFOAM(International Federation of Organic Agriculture Movements 国際有機農業運動連盟)の後援によって開催されていますが、IFOAMというは1972年に設立された有機農業に関する世界最大の国際的な民間組織で、この本部がドイツにあるということも、ドイツがいかにオーガニックに対して先進国であるかがお分かり頂けるでしょう。

ちなみにこのBioFach は9月21日~23日に日本で開催されます。一般の方も来場ができ、事前登録は8月から開催されるようですので、ぜひチェックしてみてください。


*エコバック

*basicオリジナルのウィンナー


リンク

BioFach(英語)  ・・・  http://www.biofach.de/main/d3zq3jg8/page.html
オーガニックEXPO(日本語)  ・・・ http://www.abc-language-media-tradefairs.jp.com/BioFach2004/index.htm
LAVERA(日本輸入元)  ・・・  http://www.lavera.jp/
Dr.Hauschka(ドイツ語)  ・・・  http://www.dr.hauschka.de/
WELEDA(日本語) ・・・  http://www.weleda.jp/index.shtml
Basic(ドイツ語)・・・  http://www.basic-ag.de/
(社)日本農林規格協会(有機JASマークについて)・・・  http://www.jasnet.or.jp/rule/yuuki/yuuki.html
農林水産省「消費者の部屋」 ・・・  http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/HEYA.html
IFOAM(英語) ・・・  http://www.ifoam.org/