LOHAS WORLD

お知らせ・最新情報

「都会に隠れた秘密の美人スポット」-BPQC-伊勢丹新宿店

東京・新宿。1日の利用客約360万人ともいわれる新宿駅をはじめとして、あらゆるところで人が溢れている。何でも買うことができ、何でも食べることができる。しかし、心休まるスペースを手に入れるのは難しいかもしれない。そんな都会の喧噪の中に、まるで「秘密の空間」のような場所を見つけた。それが今回ご紹介する、伊勢丹新宿店「BPQC」である。

取材に応じてくださったのは、BPQC営業部長の松下氏、バイヤーの岩崎氏。BPQCのフロアを歩きながら、コンセプトや商品についてご紹介いただいた。

■BPQCとは

BPQCの誕生は5年前。機械室の移設によって生じた、1600㎡のスペースに、「良質適価かつ高感度」をコンセプトとした自主編集型のライフスタイル提案ショップをスタートさせた。それがこの「BPQC」である。

BPQCは、フランス語の

・Bon Prix「適正な価格で」、
・Bonne Qualite「しっかりとした質の高い」、
・Bon Chic「より高感度な」

という意味。

20~30代の女性を主なターゲットに、体の外からも中からもキレイになれる生活全般を提案しているとのこと。そのアイテムは、洋服をはじめとして、ナ チュラルコスメ、スキンケア、アロマ、バス用品、食器、ペット商品、花、音楽...と範囲が広い。百貨店は普通フロアごとに「化粧品」や「レディス服」などカ テゴリーが分かれているのを、BPQCではワンフロアでコスメも服も生活雑貨も、全部の階が縦断できるのも特徴。しかし、なぜ「ライフスタイル」、なぜ 「女性」だったのか。

*サプリメント、ペット用アロマオイル。1番右の「JURLIQUE」ではトリートメントサロンも併設している。

■体の中からキレイになりたい

「20~30代の女性は物があふれた時代に育ち、高級ブランドにあこがれ、流行のコスメや洋服を多く手に入れてきました。しかしここ数年で女性たちは、お 金の使い方が変わってきました。つまり、『体の外側からだけでなく、内側からキレイになりたい』ということにお金を使うようになったのです。」

そういった時代の流れもあり、もう1つの女性たちのニーズである「身体の内側からキレイになる」ためのフロアが誕生した。そのためBPQCには、アロマや ハーブ、天然系やオーガニック系のコスメのエリアが多くを占め、特にコスメやスキンケアはとても充実している。今まではオーガニック系の小さなショップで ようやく見つけるか、インターネットでしか手に入らなかったようなものがひとつの場所でここまで揃うのも本当に貴重で珍しい。

「日本では名が知られていなくても世界的には評価が高いものを、多く紹介していきたいです。コスメは特に一般的なケミカル系のものでは肌に合わないと本当 に悩んでいらっしゃる方が、最後にたどり着く場所として選んでいただいていますから、責任をもって商品を選んでいます。」

BPQCでは、すべてのコスメは女性バイヤー自らが、実際に試して本当に良いと思ったものだけをお店に置いているそう。さらに、栄養士の方やアロマテラピ ストの方が多くお買場にはいらっしゃるとのこと。専門家の方の商品説明ならとても安心だし、自分にあった商品を一緒に選んでくださるというのはとても贅 沢。

「アロマテラピストがお客様に実際にアロマオイルでマッサージをして差し上げるサービスをしておりますが、そのときに「がんばっている手ですね」と声をお掛けしたら、泣き出されてしまったお客様もいらっしゃるんですよ」

思 わず「分かります、その気持ち!」と頷いてしまった。キレイになりたいという気持ちの裏側には、「気丈にがんばっているけれど、とても疲れているんで す!」という叫びもあるような気がする。だから地下2階という決して良い場所ではないのに、多くの女性客が足を運ぶのである。

*買い物袋はケナフを使用。




■自然なエコ、自然なオーガニック

BPQCにはカフェもあり、そば粉のクレープなど美味しそう&体によさそうなメニューが並ぶ。

「100%オーガニックや、100%エコでなくてもいいと思うのです。ALL有機のカフェよりは、有機のスペシャルメニューがある、というほうがいいのか もしれません。手を抜くわけでもマイナスの意味でもなくて、それが自然なのでは、と思います。それに、『○○でなければいけない』というより、『良いもの なら取り入れる』くらいのほうが、長く続くし楽しいのではないでしょうか?」

「続ける」ということ。取材の中で、松下氏から何度も「一過性のブームでは終わらせたくない」という言葉が出た。私がLOHASに願う気持ちと同じである。

「コンセプトをしっかり伝えて、それに合うものをちゃんと提供するのが大事。でもストイックになりすぎる必要はなくて、それよりもお客様が内側からキレイになることを優先したい。」

何 だかとてもLOHAS的な考え方だと思う。もともとLOHAS的だと思って取材をお願いしたが、ますます興味が深まった。BPQCには「ファッションの伊 勢丹」という伊勢丹として長年築きあげてきた信頼や強みがある。今後はウェアなどもより充実していくとのこと。もしかしたらLOHASなファッションの答 えがここから見つかるかもしれない。今後もBPQCに期待したい。


■余談 : 金沢れみの自分へのご褒美ー 取材のときに購入したものをご紹介。

ノルウェーのミネラルウォーター「VOSS」
細長いガラスボトルはとてもスタイリッシュで、インテリアの一部としても絵になる。ワインや料理にとても合うとのこと。炭酸入りと無いものがある。百貨店 で販売しているのは伊勢丹BPQCのみ。あのパークハイアットの客室常備水でもあり、マドンナはこのVOSSが置いていないホテルには泊まらないらしい。

「WELEDA」の健康補助飲料
自然医薬品メーカーとして絶対的な信頼をもつ、ヴェレダから健康補助飲料が。ちゃんと有機JAS認証もとっている。私が選んだのは「白樺」。白樺の樹液に レモンと蜂蜜を配合し、とても飲みやすい。身体の中から毒素を取るDETOX効果が期待できると愛用者がじわじわ増加中らしい。

「ロクシタン」のグリーンティgo-outキット
さわやかなグリーンティ香りは日本人にも馴染みやすい。今回私は限定のキットを購入。



■プレゼント!

今回、
HPを見た方がBPQCにいらっしゃってお買い物をしていただいた方に、先着で100名様、BPQCオリジナルのブックカバーを プレゼントいたします!! キャンバス地でやさしい手ざわりです。色はネイビーとアイボリーの2種類からお選びいただけます。
お会計の際に、「Lohas-Worldのウェブサイトを見た」とお伝えください。
数に限りがございますのでお早めに!
(8月末日まで。なくなり次第終了。)

ご好評につき、終了いたしました。



<取材後記>

取材の前に、何度かBPQCを訪れました。
新宿に立地する百貨店として、伊勢丹新宿店も例外なく人が混んでいて、年間で東京ディズニーランドを超える入店客数があるというのも納得してしまうほど。 失礼ながら、訪れる前はあまり落ち着かない場所なのかと想像していました。しかし、BPQCはその地下2階にあり、雑踏からはある意味隔離された別世界。 B1の食料品フロアからエスカレーターで降りると、まずフラワーショップのお花の香りとその隣のCDショップから流れる心地よい音楽が出迎えてくれます。 ワンフロア全体がBPQCになっているため、背の高い仕切りも無く、木の床もとても優しい。なぜもっと早く知っていなかったのだろう、と悔しくなってしま う、そんな空間でした。

■INFO
BPQC
伊勢丹新宿店・本館地下2階
TEL : 03-3352-1111(大代表)
東京都新宿区新宿3-14-1


伊勢丹ウェブサイト http://www.isetan.co.jp


■取材した人:秋元一宏、金沢玲美
■取材された人: 松下恒久氏、岩崎亮氏