LOHAS WORLD

イベント・商談会

Green Business Conference レポート

LWの犬飼です。今回私は、CO-OP America 主催のGreen Business Conference に参加してきましたので、みなさんに概要と写真を交えてレポートします。

最初はCO-OPと聞いて「アメリカ生協の団体のコンファレンス?」と思っていました。が、実はそうではなくてCO-OPというのはアメリカではグリーンビジネスを遂行している、もしくは行おうとしている会社や農家、生産者の人たちの集まっている団体のこと。思っていたほどクローズドな組織ではないようで、どちらかというと、アメリカ以外の国の情報をもっともっと知りたがっている感じもありました。グリーンビジネス=環境ビジネスですからとても幅広くとてつもないビジネスチャンスが広がっているマーケットです。

例えば下記のようなものは全てグリーンビジネスと呼びます。

*オーガニックなフード、ファブリック、フラワー。 またガーデニンググッズ
*フェアとレートなコーヒー、チョコレート、ギフトなど
*グリーンオフィス関連商品。 リサイクル製品やツリーフリーペーパーなど
*社会的責任を負うファイナンシャルプランナー
*環境を破壊しない持続可能家具

<Green Business Conference Festival の概要 >

他の仕事(世界会議併設展示会の設営)の都合もあってすべてに参加できたわけではなく、宿泊ホテル内だったのでちょこちょこと顔を出したのですが、とてもフランクな雰囲気でした。

11 月1日の午後3時から受付開始で、2日、3日、4日、がフォーラム・ワークショップ、5日と6日の土日週末が別会場でフェスティバル=グリーンな商品・製 品の即売会=というのが全体スケジュールです。 朝食・昼食・ディナー付きで6万円が参加費。 朝食後の8時30分から夜の10時、11時頃までたくさん の人と話し合い、人脈を広げ、環境ビジネスについてのヒントを企業トップの面々から直接聞いて、質問できるということを考えれば、オーガニックお食事、ド リンク付きの2万円/day は安いといえるでしょう。 (フェスティバル入場のチケットも込み)実際に私もたくさんのビジネスチャンスが転がっていることを痛感できました。

<スポンサーがたくさん >

レ ポートの一番最後にスポンサーとパートナーの一覧を記しますが、なにせスポンサーが多くてみんな理解ある、またPRも上手なことに 「さすがアメリカ!」 を感じました。 メインスポンサーの他に Meal/Event Sponsorsというのもあって、朝食・昼食・ディナーにもそれぞれ企業スポンサーが付いており、前のステージで一言話す機会があります。 それに対し てみんなが拍手拍手。 サンフランシスコトヨタもスポンサーでしたが、プリウスを展示していたわけではありません。 日本だとすぐに「物を置かせろ」とな りそうですが・・・。 ビールも水もお茶もコーヒーもチップスも全部オーガニックで自由に取れて、リラックスした雰囲気で円テーブルにいろんな人が座って セッションを聞きます。

*オーガニックティーも自由に飲めます *オーガニックコットンシャツは人気
*スポンサーロゴ一覧

<あらゆる角度からのグリーンビジネス検証 ~前半~>

前 半はグループに分かれてのテーブルセッションが主体。 "問題解決のために足りないソース(人・ファイナンス・生産者など)はあるか?"  "何があなた をこの仕事に就かせたか?""あなたにとって興奮するほどの成功とは何ですか?" "自分たちが行ってきた最大のミステイク=失敗、について話し合おう、 学びあおう"  こんなことがテープル毎に分かれた人たちの間で議論されます。  

2日のお昼からは LOHASのオーソリティ: MR. Paul Ray, Cutural Creativesが話をしました。 「消費者の購買決定における持続性、信頼性、社会的責任について」 という題です。

こ の中で、Attitude とbehavior の違いの話がでました。 Attitudeとは皆さん辞書を引けば「姿勢、身構え、判断、態度」などと書いてあると思います。 Behaviorは学校で、行い、と習いましたが辞 書を引くと「ふるまい、動作、行儀、対応の仕方、行動」と載っていて、Attitudeよりアクティブな意味であることがわかります。 LOHAS は Behavior である、ということがよくわかりました。

<創業者たちの失敗談から成功談まで ~後半~ >

3 日目と4日目はたくさんのセッションと同時に、workshop(勉強会)も4つ開かれました。ゼロからスタートしたファウンダーたちが大勢参加し、どん な社会的使命を持って、どんな着想、思い付きがあったのか、などがたくさん聞けるセッションです。 成功例。失敗例もオープンに話されて、中には倒産寸前 まで追い込まれた会社が今や年に60%以上の成長率を誇る企業もありました。← オーガニックを使ったアイスティー販売のHonest Tea という会社です。(http://www.honesttea.com/ http://www.etic.or.jp/social/case/casebiz.html

3日目最後のセッションは私にとって大きなトピックで、Patagonia とAVEDAのCEOが "Are we sustainable Today ?What about tomorrow ? " というタイトルでディスカッションをしました。 

AVEDA は私はお化粧をしないので詳しくないのですが、アメリカ発のスキンケア企業で、「持続可能な環境づくり」という使命を抱き植物ベースのシャンプーなどを 扱っています。パタゴニアはアウトドアメーカーとしてもちろん知っていたのと、数ヶ月前にパタゴニア企業特集を雑誌で読んでその企業理念とポリシーに感動 していました。 1% for the PLANET に参画しているリーディング企業で、その非営利企業1% for the PLANET を立ち上げたのもパタゴニアの創業者Yvon Chouinardと他2名の方です。 1%を地球に、という意味は売上げの1%を地球保護のために還す、という意味です。 パタゴニアは1985年から この十年間で$18million, 日本円で約22億円を地球の自然環境保護と復興のために還しています。 また1996年からはスポーツウェアには100%オーガニックコットンを使ってい ます。 1% for the PLANET のウェブサイトには、「死滅した地球ではビジネスは行えない」 という当たり前のことが書いてあります。 しかし当たり前のことをやること がどれだけ難しいか、これは読者の皆さんもお分かりだと思います。 ちなみに1% for the PLANET のメンバーは現在30社ですが、残念ながら日本企業はゼロのようです。

http://www.onepercentfortheplanet.org/index.htm

<週末はグリーンフェスティバル ~食器もグリーン製品です~>

4 日のコンファレンススケジュールをすべて昼で終えて、その夜は翌日から始まるフェスティバルの前夜祭をRamadaホテルから徒歩10分ちょっとの Exhibition Centerで行われました。ドリンクとおつまみを手にとって、最後の打ち上げ会、という感じ。 バンドが入って踊ったりcoopAmerica主催の授 賞式なんかもやっていました。 翌日5日土曜日から始まるグリーン商品即売会=Green Festival の準備も進んでいました。 残念ながら週末のフェスティバルに参加できなかったのはとても悔やまれます。 オーガニックコットンT-シャツをおみやげに 買って帰りたかったんですが・・・。

最後に、コンファレンスとフェスティバルで使われていたお皿類について。

地元の会社の100%バガスが使われた tree-free商品が使われていました。バガス(Bagasse)とは、さとうきびから糖汁(ジュース)を 搾った後のカスのことを言います。さとうきびの生産量は約12億トン、世界第7位の作物で約1年から1年半で成熟。 太陽エネルギーを物質に変える能力が きわめて高い植物でもあるそうです。 このバガスを使ったパルプ、つまりバガスパルプを使っていたように思います。 バガスパルプには以下のようなメリッ トがあるそうです。

1. ガスは農業副産物(廃棄物)であり、かつ、毎年定量を産出するバイオマス資源である。
2. 製糖工場から排出されるので、隣接しているパルプ工場までの集荷運搬コストがかからない。
3. バガスは木材に比べて柔らかいので、薬品の量や、製造時のエネルギーが少なくてすむ。
4. さとうきびバガスによる紙・パルプの製造は熱帯の途上国で不足している紙の自給を助ける。

*NPO地球と未来の環境基金より

種 類はボウル、カップ、プレート、テイクアウト用boxまで豊富にあり、すべて生分解性、堆肥化可能、切れない、浸透しない、さらに電子レンジや冷凍庫も オッケー、というものです。日本の音楽イベント・一般展示会主催者側にも、こういうものを積極的に取り入れる努力をして欲しいですね。

*みんな入札に一生懸命でした
*ゴミとリサイクルも分けられてます

 

 

Green business conference のSponsors & Partners

AVEDA (英語)  ・・・  www.aveda.com
Burt's Bees (英語)  ・・・ www.burtsbees.com
Clif Bar (英語)  ・・・  www.clifbar.com
Earth Healers/ Naturaleza (英語)  ・・・ www.naturalezafoundation.org
Energy Star- EPA (英語) ・・・ www.energystar.gov
Global Citizen Center (英語) ・・・  www.globalcitizencenter.org
Organic Valley (英語)・・・  www.organicvalley.coop
Patagonia (英語) ・・・  www.patagonia.com
Pax World Funds (英語) ・・・  www.paxworld.com
Wildwood Natural Foods (英語) ・・・ www.sftoyota.com
San Francisco Toyota (英語) ・・・ http://www.albabotanica.com/
Hemptown  ・・・  www.hemptown.com

日本の旬と行事を味わう会<Vol.1>

<イベント報告レポート>
2005 年11月25日 「LOHAS-WORLD x MOMINOKI HOUSE 日本の旬と行事を味わう会」を無事、盛況に終わることができました。ご参加いただいた皆様、MOMINOKI HOUSEさん本当にありがとうございました。おかげさまで大盛況な交流会が行えたことに感謝いたします。

<内容報告>

■日程
2005年11月25日(金)  開催:19:00~22:00  

■来場者数
21名( + LOHAS-WORLDメンバー7名)

■会費
会費:事前申込:8,000円 / 当日:8500円 (料理+飲み物込み)

■場所
場所:MOMINOKI HOUSE 

<アンケートより 抜粋>

■性別・年代内訳

食のイベントということで、どの年代も関心を持って参加しています。厳選された食材と巧みな料理を美味しく頂きました。オーナーシェフの山田さんの貴重なお話にみなさん聞き入っていました。今回のイベント満足度はとても高かったです。

■地球に何かいいことをしていますか?

消費活動に対する意見が大多数でした。ゴミの分別などは行政に従うということで当然といえば当然なのですが、それ以外にも普段の生活で少しずつでも、意図的に行っている方が多かったです。
地球に負荷を与えることは、環境の悪化にも繋がります。年配の方の多くはオーガニック料理の味を懐かしい味と言います。美味しく、安心な食材を食べるためにも、地域社会や地球環境に目を向けてみてはいかがでしょうか。

■自分に何かいいことをしていますか?

参加者の方々全員から様々な返答をいただきました。皆充実した生活を送っているように思えます。中でも食に関する意見が1/3以上ありました。また8割程度の方は健康というキーワードでくくれる結果でした。「自分にいいこと=自分の体に良いこと」とも言い換えられますね。

■あなたにとってLOHASとは?

十人十色でいろいろな返答がありましたが、大きくまとめると右のようになりました。

- - - 後記 - - -

このモミノキハウスでのイベントは、通常の毎回テーマが変わる交流会とは別に、定例会として今後も続けて行きたいと思っています。

奇数月の最終金曜日。なぜ奇数月かというと、古来数字は奇数のほうが縁起が良いとされ、五節句(正月、桃の節句、端午の節句、七夕、重陽)もすべて奇数月でした。ですから、この「旬と行事を味わう会」もそれにならって、奇数月に開催しようと思ったのです。

3時間は長いようで、あっという間に過ぎてしまいました。それだけ私たちが充実したLOHAS時間を過ごせたのだと思います。

次回は1月27日(金)19時からです。ぜひお楽しみに!


Lohas -Worldでは、年間を通じてメンバーの方々との交流を目的として、イベントやセミナーを開催して参ります。オーガニックレストランに行ったり、自然を楽しむ経験をしたり、または企業を訪問したり。色々な方が楽しめて、そしてLOHASなひとときをご一緒に体験できるような企画を考えています。アイデアやご意見ございましたら、ぜひメールをください!

「アメリカ LOHASスピリッツの発信地」 Consious Media 社

アメリカ・サンフランシスコからのレポート第2弾は、CONSIOUS MEDIA のLOHAS Conference Director、Ted Ningさんへのインタビューをご紹介します。

 

CONSIOUS MEDIA はコロラド州のBroomfieldにあるメディアカンパニーで、www.lohas.com のドメインをもち、Lohas Conference の主催社でもあります。

コロラド州にはAOL創業者のスティーブケース他が投資したGIAM社もあり、今やアメリカのLOHASスピリッツの発信地であるといえるところです

 ■コンシャスメディアとLOHASコンファレンス

Q: TEDさんのバッググラウンドを教えていただけますか?
A:

私はコロラド大学で Interactive relations, 特にアジア方面を勉強しました。中国とスイスジャーマンのハーフです。 アジアの血が半分流れているせいなのかどうか、自然にアジアには興味を持ちました。

いままでに台湾、ベトナム、タイ、それから4年ほど長野県に住んでいたことがあります。自然・アウトドアとスポーツが大好きで、大学の時にはフリースタイルのスキーチームに所属していて99年からは長野県のスキー連盟からスキーコーチとして雇われて高校での英語教師と掛け持ちで長野に住んでいました。長野県での経験は自分にとってとても貴重なもので日本が大好きになりました。

アメリカに帰国してからは仕事が定まらずにいろいろと悩みました。ドットコム企業、貿易会社、保険会社で保険のセールスをやったこともあります。 どれも自分にはしっくりとくる仕事ではなくて悩んでいたときに広告でコンシャスメディアの求人を見ました。それが今に至るきっかけです。

Q:

コンシャスメディアについて教えてください。

A:

我々は3つの事業を行っています。 映像制作事業、コンファレンス事業、それから出版事業です。

私はLOHASフォーラム開催のプロデュースをしています。 2006年の4月でLOHAS 10 を迎えますが実はLOHASフォーラムが10回目、という意味ではないのです。 厳密に言うと96年から Natural Food Products方面のコンファレンス事業を行っていましたが、2000年からLOHAS 5としてLOHASフォーラムがスタートしたわけです。 

出版事業ではLOHAS Journalという本を年に1回発行しています。 これも最初はNatural Food Journalと呼んでいて年に4回発行していましたが、その後LOHAS Jorunal に変わり2003年からは年に1回の発行になりました。

Q:

TEDさんが担当するLOHAS フォーラムとはどんな場なのでしょうか?

A:

一言で言ってしまうとすると 「コミュニティやリソース(人脈・資金等)を確立するための場」です。

ビジネスミーティングの場ではありますが、参加者皆さんにとってここち良い、と感じる場を提供するように心がけています。いまLOHASに関わるビジネスは大きなチャンスですから投資家も参加していますし、これからLOHAS方面のビジネスを始めたい人がアイデアと人脈を作りに来る場所、とも言えます。 団体やメンバー内だけでのフォーラムではなくオープンにしています。今は参加者の9割がアメリカ国内からですが、これからはさらに、"同じ言語で違う国の人・会社が語れる場" を作っていきたいです。

Q: 日本でのLOHASフィーバーをどう思いますか?
A:

EXCITED !すごいことだと思います。 日本ではこれから多くのチャンスが広がっていますね。しかし、登録商標をしている企業があると聞いて、それはとても残念です。 ブランドとして登録商標しているとしたらそれは正しくないでしょう。 人それぞれのライフスタイル、LOHASスタイルがあっていいわけですから。

Q: 最後にこの記事を読んでいるみなさんにメッセージをお願いします。
A:

強大なマーケット、ビジネスチャンスが来ています。 それは日本だけでなくグローバルマーケットとして考えればすぐにわかることです。 人と人が地球に繋がり魂も共有することができます。 たくさんの人たちがグローバルコミュニティと接点を持つための入り口の事を考えていると思います。

自分は世界のために何ができるのか? どうすることが自分にとって相手にとって心地よいのか?

LOHAS はコンセプトです。 Behavior (ふるまい、動作、品行、行儀)の事です。 ですから「LOHASなアイテムはなに?」という質問の仕方は正しくありません。 たとえば、 "おばあちゃんの家に行く" "お寺に行く" "花の香りを嗅ぐ" "ホームレスの人を助ける" "知らない人に挨拶をする" そう、とてもシンプルで簡単な行いです。 難しく考えることは何もありません。日本風に言うと "いい感じ" というのですかね。 自宅で、事務所で、心地よいBehavior を行えば自らのストレスともお別れできるでしょう。 企業としてLOHASを上手に捕らえているところは消費者からも認められ、少しの商品・サービスの改良をするだけで飛躍的に売上げを伸ばす事が可能だと思います。 LOHAS・グリーンビジネスはそのくらいの可能性を十分に秘めています。 是非日本のみなさんにもLOHASを正しく理解して頂いて今後のライフスタイルに取り入れていって頂きたいです。そのためにも是非みなさん一度LOHASフォーラム(4月・LA)に参加してみて下さい。

*参加・出展ご希望の方はこちらまでお知らせください。詳細をお知らせいたします。


<取材後記>

TED さんとは同じ年。 37歳の申年、しかも僕が長野県出身ということで意気投合しました。僕らは物質主義、消費主義に疲れてLOHAS コンセプトがしっくりきていたはずなのに、最近メディアや大手企業がなんでもコピーに「LOHAS」を付けて=商品、製品など=なんだ~? また物質ありき主義に持ち込むのかぁ? と感じています。 

今回TEDさんの話を聞いていて改めてもっと精神的・意識的な事でスピリチュアルな物を信仰したり、昔の人たちが行ってきたことを持続継続させていくことが本当に大事なんだな、と感じました。 それから同じコンセプトをもつ人たちとコミュニティを作っていくこと、リソースを作っていくことも大切でそれを積極的に行うことが大きなムーブメントになるんだなあ、とも感じました。 LOHAS-WORLD.COMもこれから本当の意味でのコミュニティサイトを目指したいです。 自分の行いは"いい感じ?" というフィーリングを持って明日から生活してみようと思います。


INFO
Conscious Media, Inc.

360 Interlocken Blvd, Suite 350
Broomfield, CO 80021

web: www.consciousmedia.com

■取材した人:犬飼俊介
■取材された人: TED NING 氏