LOHAS WORLD

カーボン・マーケットEXPO2013 開催2/6(水)動き出す!未来が求める地球温暖化対策~ともに目指す2020年~

カーボン・マーケットEXPO2013 では、地球温暖化対策の節目を迎えた今年、変わりゆく地球温暖化対策を企業経営やCSR に活用していただくための最新情報を発信します。

[開催概要]

日 時 :201326() 10:0017:00(※9:30受付開始、9:45開場)

会 場 :東京国際フォーラム 展示ホール1http://www.t-i-forum.co.jp/function/map/index.html
主 催 :環境省

参加費 :無料

展示ホール1 (地下2階)
展示ホール内に設置されたブースで個別説明や相談等を行う他、ブース出展事業者等によるプレゼンテーションも開催
されます。また、カーボン・オフセット商品の展示やオフセット・クレジット(J-VER)をはじめとするクレジット制度に関する説明・相談コーナー等も設置されます。
※右図会場全体図出展社

メインセミナー会場 (地下2階 展示ホール1内)
厳しい国内外の情勢の中で、地球温暖化をはじめとした環境配慮を求められている企業の環境経営について考えるシンポジウムを始め、クレジット活用に関する講演やパネルディスカッション、第2回カーボン・オフセット大賞授賞式などが行われます。

 

 

 

カーボン・マーケットギャラリー
カーボン・オフセットされた商品をはじめとした環境配慮型製品を展示します。
カーボン・オフセット商品は、再生可能エネルギーの導入や森林の間伐・植林などの取組によって実現できた二酸化炭素削減・吸収量をクレジットとして購入しカーボン・オフセットを行うことで、その取組に資金を還元し、地球温暖化防止だけでなく森林保全や地域振興、復興支援、国際貢献、技術革新などにも貢献しています。※下記各カテゴリーの説明

1.森林保全

森林の間伐・植林によって二酸化炭素吸収量を増やす取組を応援することで、森林の持つ様々な機能の保全にもつながっています。

2.地域振興

地域の産品等を地域のクレジットでオフセットすることにより、地域経済の活性化を促し、町おこしにもつながっています。

3.復興支援

東日本大震災の被災地で創られたクレジットを購入することで、甚大な被害を受けた地域の復興支援につながっています。

4.国際貢献

先進国が途上国で行った温室効果ガス削減プロジェクトを応援することで、途上国のグリーン成長につながっています。

5.技術革新

再生可能エネルギーや省エネルギー技術への投資が進むことで、新技術の開発が進み、さらなる技術発展につながっています。

6.交通観光

鉄道や飛行機など公共交通機関がカーボン・オフセットを行う事で、利用する市民が地球温暖化対策に貢献することができます。

7.環境配慮型商品

事業活動や日常生活で環境負荷の少ない商品を利用することで、地球環境問題の解決に貢献できます。

※下記写真2012展示風景

メインセミナー [ メインステージ]
動き出す! 未来が求める地球温暖化対策~ともに目指す2020 年~

10:00 ~ 10:05 開会の挨拶
10:05 ~ 10:50 基調講演「知恵を集めてイノベーション―創造的で持続可能な社会に向けて― 」
                      伊東 千秋 氏 富士通株式会社 特命顧問 株式会社富士通総研 相談役

10:50 ~ 11:20 クレジット活用先進事例「企業が創る低炭素の未来」

       「復興支援型カーボン・オフセットとカーボン・ニュートラル計画」
                      
嶋田 行輝 氏 日本興亜損害保険株式会社 経営企画部 CSR 室長

       「"企業価値を高める"カーボン・オフセットを活用した取組事例」
          平野 啓一郎 氏 株式会社イトーキ ソリューション開発統括部 Eco ソリューション企画推進部 部長

11:20 ~ 12:00 「2020 年に向けて日本企業の取るべき道」
          末吉 竹二郎 氏 国連環境計画 金融イニシアチブ 特別顧問   

12:30 ~ 13:30 第2回カーボン・オフセット大賞 授賞式
【環境大臣賞】
 株式会社環境思考・三重県大台町
  「森のエコステーション活動を大台町J-VER クレジットでオフセットする取り組み」
【経済産業大臣賞】
 ユニ・チャーム株式会社
  「『東日本大震災復興支援国内クレジット活用スキーム』による被災地支援」
【優秀賞】
 株式会社デコス
  「近くの山の木でつくる、省CO2 で心地よい木の家プロジェクト」
 日本興亜損害保険株式会社
  「幅広い事業活動を対象としたカーボン・ニュートラル」
 一般社団法人日本野球機構
  「日本の森を守る、東北復興を支援する、温暖化を防止する『NPB Green Baseball Project』」

14:00 ~ 15:00 パネルディスカッション                                          「市民を巻き込むカーボン・オフセット」
  ●ファシリテーター : 西尾 チヅル 氏 筑波大学 大学院 ビジネス科学研究科 教授(写真)
  ●パ ネ リ ス ト: 土屋 修一 氏  鈴与ホールディングス株式会社 企画第一チーム 調査役 
                申谷 雄太 氏  東北緑化環境保全株式会社 技術部 技術企画グループ マネージャー 
                 清水 周子 氏  サッポロビール株式会社 北海道本社 戦略企画部 副部長 
                 大川 光司 氏  株式会社環境思考 代表取締役
 

15:30 ~ 16:30 パネルディスカッション                                            「新クレジット制度(仮称)誕生!! 広がるクレジット活用とグリーン成長に向けて」
  ●ファシリテーター :新美 育文 氏  明治大学法学部 専任教授 
  ●パ ネ リ ス ト:長谷川 勝也 氏 カーボンオフセット協会 会長 株式会社エコノス 代表取締役社長
                米田 和広 氏  新潟県 県民生活・環境部 環境企画課 地球環境対策室長 
                富川 健太 氏  日本テピア株式会社 取締役副社長 
                今野 和樹 氏  東京農業大学 農山村支援センター 学術研究員
                奥山 祐矢環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 市場メカニズム室 室長

プレゼンテーションプログラム [ カーボン・リーダーズスクエア]

進む! クレジット活用と温暖化対策 ~ビジネスから社会貢献まで~

10:30 ~ 11:20  地球温暖化防止に貢献する
① 株式会社リサイクルワン 
② EVhonda 株式会社
③ 全日本空輸株式会社
④ 東洋インキSC ホールディングス株式会社
⑤ ジャパンフォーレスト株式会社
⑥ エコ・アクション・ポイント事務局

11:30 ~ 12:30  カーボン・オフセット認証を取得する~平成24 年度 カーボン・オフセット認証取得/支援事業採択事例紹介~
① 公益社団法人国土緑化推進機構、社団法人日本野球機構
② 一般財団法人沖縄県環境科学センター
③ 株式会社長和町振興公社(ブランシュたかやまスキーリゾート)
④ 株式会社エイチ・アイ・エス
⑤ 東京都市大学等々力中学校・高等学校

13:00 ~ 13:45  クレジットを創る
① 魚沼地域オフセット・クレジット活用推進協議会
② 住友林業株式会社
③ 秋田県もりづくりJ-VER ネットワーク
④ 高知県林業振興・環境部 環境共生課 
⑤ 対馬市農林水産部 農林振興課
⑥ 東京大学TSCP 室

14:00 ~ 14:45  カーボン・オフセットから社会貢献へ
① 公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団
② EVI推進協議会
③ 株式会社 PEAR カーボンオフセット・イニシアティブ
④ サンメッセ株式会社

15:00 ~ 16:00  カーボン・ニュートラルを目指す~カーボン・ニュートラル認証モデル事業発表会~
( 被災地産J-VER 等を活用したカーボン・ニュートラル認証取得に係る事業者支援)
① イワヤ株式会社
( 平成24 年度カーボン・ニュートラル認証モデル事業)
② 河津造園株式会社
③ 一般社団法人未踏科学技術協会
④ 株式会社都田建設

皆様のご来場お待ち申し上げます

※本イベントでは、地球温暖化防止への取組の一つとして、イベントの運営に伴うCO2の排出を削減努力した上で、避けられない排出分については、オフセット・クレジット(J-VER)を購入することでCO2排出量を相殺 (カーボン・オフセット)いたします。

カーボンオフセットフォーラムhttp://www.j-cof.go.jp/temporary/carbonmarket_expo_201302.html

on 2013年2月 1日 in イベント・商談会