LOHAS WORLD

「中村理紗のロハスワールド・リポートVo.2」小さな命のために~食材探し①

残暑もようやく和らぎ、朝夕はめっきり涼しく、過ごしやすくと耳にしていますが、いかがお過ごしでしょうか。

お祭りに花火、風鈴の音と、日本の風物詩が恋しいこのごろ。こちらは、日中は日差しが照りつけるものの、朝晩は涼しく、肌に感じる風や雲の形を見ると秋の足音を感じます。

新米ママという風に前回お伝えしましたが、実は今、妊娠8ヶ月に入ろうとしています。妊娠を期に、食べ方や過ごし方全般が、赤ちゃんを中心としたものに変わってきています。元気な赤ちゃんを育めるように、あと3ヶ月、楽しみながら過ごしていきたいなと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小さな命のために~食材探しVol.1

今回は、私の楽しみの一つである、「食材めぐり」についてレポートしていきたいと思います。

妊娠を通して、趣味でもあった食材めぐりにさらに磨きがかかったように思います。国が違えば食品においての法律も基準も異なることを心に留めながら、遺伝子組み換え(GM)作物、成長ホルモン剤、抗生物質を使っていないことなどをチェックしながら食品を選んでいます。


アメリカは世界最大のGM作物の生産国であり、それを含む食品は広く流通しています。しかし、表示義務はなく、あくまでも任意であることから、気をつけていないと知らないうちに口にしていることも。アメリカ農務省(USDA)による有機認証マークがついているものは、そのような心配がないので、よく選択の際の参考にしています。近年、少なくとも全米50州のうち20もの州において、GM食品に関する表示を求める法案が提出されていると報じられています[1]。これは、他でもなく、安全なものを口にしたいという消費者の願いから起こったものです。GM作物を使用した食品について、食べても構わないと思う人と、できれば避けたいと思う人と双方に選択肢があること、つまりは表示制度をきちんと整備することが大事なのではないでしょうか。



何よりも家族の健康のため、食品の表示や安全性に関する理解を深めておくことはとても大切。これは今身を置いているアメリカではもちろんのこと、どこの国においても変わらないことだと思います。まだまだ勉強は足りませんが、正しい知識を身につけながら、表面上の価格などだけで選ぶのではなく、食品の背景にまで気を配って選ぶことを、これからも心がけていきたいです。



なお、日本の食品表示制度に関しては消費者庁のウェブサイト(以下参照)に詳しく書かれていますので、よろしければご覧ください。

食品表示全般 http://www.caa.go.jp/foods/qa.html

遺伝子組み換え作物および食品についてのQA  http://www.caa.go.jp/foods/qa/kyoutsuu03_qa.html

  

【次回 心躍る場所、ファーマーズマーケット】

新鮮で食べごろの果物や野菜がどこで手に入るかわからなかった渡米当初、あるママ友から「それならここへ行ってみて!」と、紹介してくれた場所が「ファーマーズマーケット」でした。身体に優しく美味しい食事作りを心がけたい思いはママさん同士、やはり通じるところです。

というわけで、次回「ファーマーズマーケットへ」で出会ったとびきりの旬をお届けいたします。

今回も読んでくださりありがとうございます。

                                                                 中村理紗

[1] Al Jazeera America記事(2014227日付27


on 2015年8月29日 in お知らせ・最新情報